meのおすすめ絵本 -9-

0
    「100万回生きたねこ」

    佐野洋子さんの絵本。
    とても有名で、絵本が好きな人でなくても
    知っている人は多いのではないかと思う作品。

    何度読んでも、本当に素敵な絵本だと感じます。
    生きている中で本当に大切な事を教えてくれて、
    読み終わった後には色々と今の自分を考えさせてくれます。

    意味もなく生まれた人なんて、この世にはいないという事。
    自分がやるべき事を、読めば読むほど気づかせてくれるかもしれません。


     (以下Amazonより内容紹介)
    幾百万の魂をゆさぶり続ける大ロングセラー100万回死んで、100万回生まれかわったトラねこ。自分しか愛さなかった彼が、はじめて他者を愛したとき……。この世に生まれた意味を問いかける絵本です。

    meのおすすめ絵本 -8-

    0
      「だるまさんシリーズ」

      「かがくい ひろし」さんの作品。
      遊びで耳にした「だるまさんが。。。ころんだ!」というフレーズ。
      これを使い、だるまさんが色々な動きや形になったり、だるまさん以外にもキャラクターが出てきて、とても楽しい作品です。
      内容、文章もとてもシンプルに構成されているので、
      大人も子供も、ページをめくる楽しさを感じる事ができる作品だと思います。






      meのおすすめ絵本 -7-

      0
        「ちいさな おうち」

        バージニア・リー・バートンの作品。
        「ちいさな おうち」を中心に描かれている、ちょっと切なく、
        そして、最後にはホッとする素敵な作品。

        私はこの本を読み返すと、「ここにあったお店がなくなってしまった。」という事や「小さい頃に沢山遊んでいた空き地がマンションに。」など、周りが月日の経過とともに移り変わって行く自分の町を思い返し、なんだか切なく感じます。
        これは大人ならではの感じ方だと思いますが、子供にはカラフルな絵や色々な物が登場する事に楽しさを感じる作品だと思います。

        (以下Amazonより内容紹介)

        ピンクのばら色をしたちいさいおうちは丘の上に建っている。りんごの花がつぼみをつけることで春の訪れを知り、初雪が舞うことで冬の到来を感じていた。だが、町の明かりが遠くに見えはじめたのをきっかけに、ちいさいおうちの周辺もどんどんと変わっていく。まず道ができ、そこに自動車やトラックが走りだし、整備されて道路となった。やがて道路はあちこちに延び、背の高い家やアパート、お店、車庫なども次々と完成、ちいさいおうちを取り囲んでいく。




        meのおすすめ絵本 -6-

        0
           「くつやのねこ」

          「いまい あやの」さんの素敵なイラストで描かれた、アレンジ作品。

          私がボローニャ国際絵本原画展に行った時に出会いました。

          可愛らしい猫が主人公で、話の展開がどのような結末をむかえるのかが気になる様に上手く構成された作品に、読みやすさ、楽しさ、そして水彩で描かれた可愛らしいイラストに魅了されるのではないかと思います。


          (以下Amazonより内容紹介)

          あるところに、貧しいくつやがいっぴきのねことくらしていました。お客がさっぱりこず、とほうにくれるくつやに、ねこはよいかんがえがあるというのですが…。愛らしい猫が、どんなことを考えついたのでしょう。民話「長靴をはいた猫」を新しくアレンジしたお話です。




          meのおすすめ絵本 -5-

          0
             「はっぴぃさん」

            荒井良二さんのしあわせになる絵本。
            荒井良二さんの独特な色の使い方や絵など、
            見ているだけでも楽しい絵本です。
            最初は男の子と女の子の二人の視点でお話が進んで行く面白い構成で、
            ワクワク感もあります。
            この作品を読んでいると荒井良二さんの世界に自然と入り込み、最後まで読んでしまう
            とても素敵な作品だと思います。


            (以下Amazonより内容紹介)
            はっぴぃさんは、困ったことや願いごとを聞いてくれるのです。山の上の大きな石の上に、はっぴぃさんはときどき来るのだそうです。なんでものろのろの男の子と、なんでもあわてる女の子が、はっぴぃさんに会いにいきますが…。



            meのおすすめ絵本 -4-

            0
              「はんなちゃんがめをさましたら」

              酒井駒子さんの子供だけの秘密の時間を過ごす、とても微笑ましいお話。
              大人なら思わずクスっと微笑んでしまう。
              そんな子供の仕草がとても可愛らしく描かれています。
              子供はもちろんですが、大人の方が子供の秘密の時間を、
              この作品でこっそりのぞけるのではないでしょうか。


              (以下Amazonより内容紹介)

              真夜中に目をさました女の子が初めてひとりで体験する夜の時間。しずかな夜の中で、ひそやかに気持ちがみたされる魔法のような時。



              meのおすすめ絵本 -3-

              0
                 「もりのなか」

                エッツの代表的な作品の一つ。
                小さな子供が色々な動物達と出会い、遊ぶというシンプルなお話です。
                動物達の仕草なども細かく描かれていて、見るだけでも楽しめる作品だと思います。
                表紙のモノクロの作品が暗い内容に見えますが、お話は暖かく、そして子供の不思議な世界が大人になった今読み返すと、何か思い出すような感じにさせられます。
                このお話には「また もりへ」という続編もありますので、両作品を見て、エッツの世界観を感じてみていただけたらと思います。


                (以下Amazonより内容紹介)
                紙のぼうしをかぶり、おもちゃのラッパをもったぼくは、森で動物たちといっしょにあそびます……。幼児の心の世界を黒いコンテで鮮やかに描いた絵本の傑作。


                meのおすすめ絵本 -2-

                0
                  「くまのこミンのふゆじたく」

                  冬のこの時期。
                  「あだちなみ」さんのイラストと、「あいはらひろゆき」さんの暖かいお話の
                  「くまのこミンのふゆじたく」。
                  ただ「ふゆじたく」をするお話ではなく、ちょっとした展開も子供と一緒に楽しめる作品ではないかと思っています☆


                  (以下Amazonより内容紹介)
                  寒い冬がやってくる前の、あったかいお話。 ミンのお家は、冬ごもりの準備で大いそがし。ミンは、お兄ちゃんたちのセーターをあみますが、少しずつほどけていってしまいます。もしかして、毛糸どろぼう?




                  meのおすすめ絵本 -1-

                  0
                    「ブローチ」

                    この絵本は、まだそこまで私が絵本に興味が無かった時に、すすめられて購入した一冊。私はこの本に出会って、絵本という世界の考え方が大きく広がりました。
                    大人の女性には特に見ていただきたいです。
                    まだこの本を知らない方は、今の電子書籍では決して味わう事のできない、指で一枚一枚の紙をめくる繊細さや優しさ、ちょっぴりワクワクする気持ちやフワフワした気持ちなど、その作品の感動を是非手にとって感じてみていただきたいです。


                    (以下Amazonより内容紹介)
                    「内田也哉子さんのページをめくるたび、胸がキュンとなる魔法の絵本。
                    内田也哉子の独特な感性で表現されることばと、D-BROSデザイナー渡邉良重が描いた清楚で柔らかい絵。ふたりの才能がひとつになって、永く読みつがれる、一冊の“絵物語”になりました!薄紙に印刷されているので次のページが透ける仕掛けになっています。女性の心を揺さぶる、新しい名作が誕生!贈り物にもぴったりです。」


                    1

                    me の LINEスタンプ

                    twitter

                    facebook

                    おすすめアイテム

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others